ペニス増大サプリは手術よりも安い

手術でペニスを大きくするのは総じて高額

ペニスを増大させるためには包茎治療や長茎術、ペニス増大術などの方法があります。このなかで最も高額なのは長茎術であり、50万円以上の費用を提示するクリニックは少なくありません。健康保険が使えないこともあり、切らない長茎術でも30万円くらいはします。包茎治療だと15~30万円、増大術は10~20万円程度が相場です。真性包茎の場合は例外として健康保険を使えることがありますが、それ以外の症状は保険適用外です。

手術は一度で完了すればよいですが、思うような効果・仕上がりを期待できない場合は修正手術が必要になります。この場合はさらに追加で費用が発生するので、100万円近い費用がかかってしまう人もいます。ペニス増大サプリはサプリのなかでは高額ですが、手術で増大するよりも安いのが魅力です。

一箱あたりの相場は1万~1万2,000円程度であり、まとめて購入すると安くなることが多いです。半年くらい飲んでコンプレックスを解消できると想定すれば、手術とは比較にならないほど安いでしょう。

ペニス増大サプリの強みは価格が安いこと

安いコストで増大を期待できるのがペニス増大サプリです。特におすすめしたい人は、若いころと比べてサイズダウンしてきた男性です。なぜ小さくなるかというと、勃起力が弱くなってガチガチにならないからです。ガチガチの状態と半立ちの状態では、大きさがまったく変わってくるでしょう。半立ちの状態だと男性・女性ともに、力強い快感を得ることができません。ペニス増大サプリは血行をサポートし、本来のサイズに戻してくれるのです。

ペニス増大サプリの役割は、平常時のサイズアップではありません。勃起時のサイズをさらに大きくするのが目的で、朝立ちしなくなってきた男性におすすめです。ほかにもセックスの失敗が多くなった、射精までの時間が早くなった、などと実感する方も試してみましょう。

短小に悩んでいる男性の多くは、勃起力を高めるだけで悩みが解消します。ペニス増大サプリは安いだけでなく、身体に悪影響を与える心配がないメリットもあります。

まとめ

ペニス増大サプリが登場する以前は、増大させる方法といえば医療機関での手術が一般的でした。現在は当時と比べて料金が安くなりましたが、それでも手術で増大させるとなれば数十万円はかかります。ペニス増大サプリがこれほど注目されるわけは、安い価格で増大できることにあります。勃起力を強化してガチガチの状態に変えられるので、セックスの快感と満足度が大きくアップするでしょう。セックスの成功率が下がってきたと感じる男性も飲んでみる価値があります。